> 色生地 | にゃまの森

色生地

スポンサーリンク
刺し子

花ふきん フローレッツ

始めに外枠2本を並縫いし、左から右へとくぐり刺しをします。 刺し子糸はフローレッツの生地トープと同色のグレーと、メリハリをつける為にきなりを使いました。 ちなみにトープとはフランス語でモグラという意味だそうです。
刺し子

花ふきん スノークリスタル

多色使いや寄せ模様が楽しめる「La bouquetière」シリーズの一柄です。 スノークリスタルは雪の結晶のことで、人気の伝統柄である麻の葉が一目刺しで取り入れられています。 始めに外枠2本を刺したら、くぐり刺し。
刺し子

花ふきん モーニンググローリー

「La bouquetière」シリーズの一柄で、モーニンググローリーは朝顔のことです。 中央に今回のメイン図案である朝顔が9.5cm四方で配置されています。 この図案はオリムパスさんの花ふきん満開の朝顔と全く同じ。
刺し子

花ふきん 一目刺し 桜の花

大変手間はかかりますが、日本の春の象徴が169個も並んだ美しい図案です🌸🌸🌸 まず始めに桜の花の中心を縦横刺しました。 そうすることで裏側に出る大きな針目を、次に刺す花びら先端の針目で引っかからないよう押さえることが出来るからです。
刺し子

花ふきん 一目刺し こんぺいとう

浅葱色の生地で白生地とは違った雰囲気に仕上げてみました💖 最初に刺すのは横。 六芒星は紅梅で、まわりのトゲトゲはきなりで刺しました。 表側に出る針目は全て4mmです。 次は斜め。 線どおりに刺しているのに、きなりの斜めの針目が著しく曲がってしまい・・・。
刺し子

花ふきん くぐり刺し 朝顔

高級感溢れる藍色生地で製作しました。 まず斜めに十字を刺して、くぐるための下準備。 次はジグザグと十字の根元に針をくぐらせていきます。 針穴のある方からくぐらせるとスムーズです🙂 面倒な糸つぎはなるべく省略したいので、糸は長めに2m程で切りました。
刺し子

花ふきん 絵あわせ

鳥の目や梅の花芯は オリムパスさんの作り方には フレンチナッツステッチでと 書かれていましたが、 目立たせたかったので 大きな玉留めをしました🐤🌺 立体的にポコッとしています。 余白が多いので1日で完成。
刺し子

花ふきん 桜狩り

散りゆく花びらに動きが感じられる図案。 どの花を何色で刺すのか悩み、無駄な時間を過ごすはめに。。。🧐 出来上がってから眺めてみると、チャコールグレーが少し強調し過ぎな気がしました。 もう少しグラデーションっぽいと良かったのですが。。。
刺し子

花ふきん くぐり刺し 朝顔

藍生地は白い花ふきんより高級感があります✨✨ 斜めに刺してクロスになったところを、縫わずに糸にくぐらせていきます。 にゃまは針先ではなく針穴からくぐらせました。 その方が布に針が刺さらずスピーディーです🎶
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました