> 和のきれいな配色 | にゃまの森

和のきれいな配色

スポンサーリンク
刺し子

花ふきん 鯛と十字つなぎ

お正月や敬老の日など、おめでたい日に飾りたい花ふきんです㊗️ 始めに生地にプリントされている①の外枠から刺します。 次に②と印のある中央の大きな鯛を刺しました。 鯛がはっきりするように輪郭や鰓蓋、 胸鰭をくぐり刺し。
刺し子

花ふきん くぐり刺し 異国風

くぐり刺しならではのポコポコした手触りが楽しめます。 まず縦の短い線を刺します。 次は横の長い線を刺します。 次はくぐらせていきます😀 豪華に仕上げたかったので、くぐる糸はオリムパスさんの太口の刺し子糸を使用しました。
刺し子

花ふきん 一目刺し 桜の花

大変手間はかかりますが、日本の春の象徴が169個も並んだ美しい図案です🌸🌸🌸 まず始めに桜の花の中心を縦横刺しました。 そうすることで裏側に出る大きな針目を、次に刺す花びら先端の針目で引っかからないよう押さえることが出来るからです。
刺し子

花ふきん くぐり刺し 雫

くねくねを往復することで、大小の雫が現れます💧💧💧 まず約6mmの針目で ひたすら横に刺していきます🧵 裏には5mmと1cmの針目が出ることになりますが、すっきりと仕上げたいので1cmの針目は生地と生地の間に通しました。
刺し子

花ふきん 一目刺し こんぺいとう

浅葱色の生地で白生地とは違った雰囲気に仕上げてみました💖 最初に刺すのは横。 六芒星は紅梅で、まわりのトゲトゲはきなりで刺しました。 表側に出る針目は全て4mmです。 次は斜め。 線どおりに刺しているのに、きなりの斜めの針目が著しく曲がってしまい・・・。
刺し子

花ふきん 一目刺し 福豆

福豆とは節分に撒く豆のことです。 オリムパスさんの説明書には縦を先に刺すと書かれていますが、まず横を刺しました。 横は裏側に出る針目が長い為、生地と生地の間に通したかったからです。
刺し子

花ふきん くぐり刺し 銭亀

銭亀とはイシガメの甲羅の模様で、金運の象徴とされています。 まず縦横を刺していきます。 オリムパスさんの説明書は縦からになっていますが、どちらが先でも問題ありません。 縦横刺し終えたら、糸をくぐらせていきます。 一番先にくぐるのは周囲です。
刺し子

花ふきん 一目刺し どんぐり

りんごからのアレンジでどんぐり。 にゃまオリジナルの12月らしい図案です。 まず横線を刺していきます。 りんごの上部に3本線を入れ、どんぐりの帽子らしくしました👒 りんごの図案や地の目を頼りにフリーハンドで刺しました。
刺し子

花ふきん 一目刺し 方眼刺し

この図案は1列が3本で構成されています。 両サイドの2本を2方向に全て刺し終えてから、中央の1本を刺しました。 理由は裏に長く渡る針目を中央の1本で引っかからないように押さえることが出来るからです🎵
刺し子

花ふきん 七宝

斜めに刺す部分を半分に減らし、 柄がすっきりするように アレンジしてみました。 曲線なので、 糸をしごき過ぎて糸が弛まないよう 気をつけながら、 縫い進めていきます。 斜めの曲線は最後に刺し、 あまり時間もかからず完成。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました